自動車税関連

MENU

車売却した時の税金関連について

自動車税

車を売却した時には、納めていた税金などはどうなるのでしょうか。

 

  • 主に税は自動車税、自動車重量税がありますが還付されるのでしょうか?
  • 他にも自賠責保険やリサイクル料金など、自動車購入時に支払ったお金は還付されるのでしょうか?
  • 還付してもらうには何か特別な手続きは必要なのか?
  • 車買取業者に売却した場合の売却金額に税の還付分は含まれているのか?

 

これらの疑問についてお答えしていきます。

 


自動車税関連記事一覧

毎年春に納付する自動車税ですが、春以降に車売却したら納付した自動車税は還付されるのでしょうか。これは売却時の車の状態によります。例えば車を売却した際に車検の期限が少なく、もしくは切れていて売却先で登録抹消という手続きをすれば未経過月分の自動車税の還付は発生します。つまり7月に登録抹消をすると8月以降の未経過月8ヶ月分の還付金が発生するのです。しかし車売却をしても登録抹消を行わない場合があります。例...

自動車税は条件によって還付される場合があり、委任することであってもその条件は適用されます。請求するときは納税している本人または委任された人の氏名の情報を記載して、提出する必要があります。車検証を所持して車売却の準備を実行する人もいるため、お得な条件を適用させたいならばポイントになる情報を優先させることが大切です。高額な査定が出た場合は、謝礼として一部が還付金扱いになるため、車売却を本格的に検討して...

年度ごとに自動車税は適用され、中途で手放したときは還付の条件に当てはまります。残存する期間によって還付される金額は異なりますが、車売却の一部では自動車税以外は還付が難しい場合があるのです。廃車を最後まで行ったときのみ自動車税の通知書が届くため、既存の自動車取得税や自動車重量税の違いを詳しく見ておくことが大事です。自動車の名義変更においては、税金への違いが最小限であることから、正しいかたちで売却を検...

車を所有している人は、購入時や車検時に自賠責保険料を支払っています。自賠責とは自動車による事故の際、被害者に最低限の補償をするための保険で車を所有している人は全ての人が強制的に加入しなければいけないので強制保険とも呼ばれています。未加入の車は公道を走ることは出来ず、違反した場合には罰金と同時に免許停止になってしまいます。自賠責保険は車に対して課せられる保険ですが次回の車検の時期までの2年〜3年の間...

現在、車を所有する際には自動車リサイクル法に定められた『リサイクル料金(リサイクル供託金)』を納めなければなりません。これは購入時または車検時に納めることになっています。このリサイクル料によって車を廃車・解体した際に有用資源がリサイクルされます。現在、公道を走行している車はこのリサイクル料を納めていることになります。これは前述したように車を購入した際、または車検を受けた際に納めるものであり、多くの...

クルマを購入する際には、諸費用として自動車税や自動車重量税、自動車取得税などの各種税金のほか、自賠責保険料やリサイクル料金などが請求されます。ではクルマを売却する際には、前払いしている自動車税や自動車重量税、自賠責保険などは還付されるのでしょうか。まず自動車税に関しては、車売却した翌月から次の3月までの間に支払いした分が還付されます。しかし、自賠責保険料や自動車重量税などは還付されず、そのまま次の...